士業専用簡易CMSサイト
士業専用簡易CMSサイト
閉じる

ニュース

起業で国から給与650万!最大6900万円の支援プログラム

background

起業で国から給与650万!最大6900万円の支援プログラム

2014年08月19日(火) 更新しました。

 
 
7月18日からの公募開始で、8月18日に公募終了してしまったのですが、
NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)から
起業をすると
・給与として一チーム3名分まで最大650万
・年間業務費 1500万円
上記が2年間支給されるというものがありました。
 
政府としては6月に閣議決定した成長戦略で補助金で起業家に
一定の年収を保証する制度の創設も検討しているので、
今後も似たような支援策があるかもしれません。
 
条件や支援内容をぜひ見ておきましょう。
 
 

支援をうけるための条件

1.具体的な技術シーズと事業構想
・経済産業省所管の鉱工業技術であり、研究開発要素があることが想定されること
(スマホのアプリ開発などは対象外)
 
・競争力強化のためのイノベーションを創出しうるもの
(技術的要素が薄いものや、既にある技術を利用したビジネスは対象外)
 
・研究開発型ベンチャー企業の立ち上げ・資金調達を目指している者
(既に事業活動を始めていたり、他から資金を得ている企業は対象外)
 
2.日本国内に居住していて現職を退職すること
採択された場合に、管理法人の契約社員となるため現職をやめることができることが、
応募の条件となっています。
 
3.出資を受ける気があること
ベンチャーキャピタル等から200万円以上の出資を受けることが前提となっています。
 
4.書類審査とプレゼン審査
書類審査(1次審査)→初期研修→プレゼン(2次審査)を経て採択されたら、支援が受けられます。
 
 

支援内容の概要

1.年収650万円(3人まで)と年間1,500万円の活動費
「事業化可能性調査」を行うための活動費とその間の給与として、年間650万円がもらえます。
1社3人まで最大1,950万円となります。
 
2.専門家の支援
起業プロセスや事業化の専門家(事業カタライザー)の支援が受けられます。
必要が認められれば、弁護士や弁理士に相談する際にかかる費用も負担してもらえます。
 
3.投資先や外部技術の提携先マッチング
外部技術との連携が必要と判断された場合は、NEDOがマッチング支援も行ってくれます
 
4.コワーキングスペースの利用
川崎にあるコワーキングスペースを利用できるようになるようです。
 
 

支援の打ち切りもあり、一部費用の返還も必要

支援期間は最大2年間ですが、外部からの出資額が1億円を超えた場合や
支援後に継続の可否を判断するプレゼン審査において、
継続が適切でないと判断された場合、打ち切りもあります。
 
また、収益が生じた場合には、使用した活動費の総額を上限に
一定割合をNEDOに納付することが必要になります。
 
 
 
 
お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6384-5827 平日 9:00 ~ 18:00
フォームからのお問い合わせはこちらから